ギャラリーТОМ&ユトレヒト 版画との出逢い

f0046691_14465690.jpg

ジェム・アートでは、ギャラリーТОМとユトレヒトとの共同企画で、二つのイベントをおこないます。

『アーティストの本箱』 6月3日(土)から6月25日(日)まで
『版画との出逢い』   6月27日(火)から7月17日(月)まで

「アーテイストの本箱」では、ギャラリーТОМで展覧会やレクチャーをお願いしているアーティストや研究者から古書を寄贈していただき、本箱を並べて安価で販売します。

「版画展」では、ギャラリーТОМと親交のある、マックス・アンリ・ドゥ・ラミナ氏、ТОМ開館時より、展覧会開催や、視覚障害者のための企画にご協力してだいている彫刻家・堀内正和氏、掛井五郎氏の版画を展示販売します。

↑写真は、マックス・アンリ・ドゥ・ラミナの〈ビュラン〉という技法を用いて制作した銅版画作品『でも、必要な空間はあるのに』。

f0046691_15152239.jpgドゥ・ラミナ氏は、アーティストであると同時に、ポンピドゥー・センター「こどものアトリエ」において、想像力にみちた方法で子どもたちに現代美術をわかりやすく伝えるプログラム《こどもに伝えるアート》を先駆的に開発している美術教育家でもあります。

この二つのイベントの収益は、先日読売新聞でも取り上げられ、問い合わせを多数いただいている、『文化大革命時代のポスター展』の開催費にあてさせていただきます。この展覧会は、ギャラリーТОМにて、5月13日から7月2日まで開催します。
[PR]
by gem-art | 2006-04-30 15:23 | ギャラリーTOM
<< 元紅衛兵だった唐亜明氏の講演。... 村田実・監督『日輪』 撮影所の... >>