ブルーノ・ムナーリの “読めない本”

f0046691_16174853.jpgギャラリーТОМの副館長で、日本ムナーリ協会代表の岩崎清の編著「ブルーノ・ムナーリのアートとあそぼう」。

限定500部発行で、現在「ギャラリーТОМ」と「こどもの城」、「上杉博物館」のみで販売しています。

たくさんお問い合わせいただいておりますので、少しですが内容をご紹介いたします。




f0046691_1662851.jpg右は、本書に収録されている、ムナーリの「読めない本」の写真図版。

文字や図版がまったくなく、色や形が持っているメッセージを、視覚や触覚という感性で読む本なのです。






f0046691_161379.jpgこちらは、「旅行のための彫刻」。

旅先で泊まるホテルは、無機質で画一的なデスクとベッドがほとんど。そこへ何か異質で心地よいデザインのものを置けば、快適な室内空間に早代わりするのでは?

そんな発想から創り出された折りたたみ式の“携帯彫刻”です。



f0046691_16434910.jpg私たちの生活をこんなにも楽しく豊かにしてくれるこれらムナーリのオブジェや絵本などのほか、彼が、《近未来の大人》とよぶ、子どもたちの創造性の育成のために考えだしたワークショップも紹介されています。






f0046691_172817.jpg造形表現の世界に楽しみながら誘導していくムナーリ独自の7つのワークショップが、85年に「こどもの城」で開催されたときの写真などとともに収録されています。

ネットでのお申し込みもうけたまわっております。くわしくは、ギャラリーТОМの本のページまで。
[PR]
by gem-art | 2006-08-31 17:11 | BOOK
<< 濱田能生の瑠璃硝子口透花瓶 ボーデュアン展とトーマス・リー... >>