濱田能生の瑠璃硝子口透花瓶

f0046691_11411154.jpg

濱田能生の「瑠璃硝子口透花瓶」。

ギャラリーТОМのテラスで撮影してみましたが、繊細な青色がなかなかうまく写真で表現できません。

花瓶に水を入れると、微妙に光の透過が変化して、周囲の景色が美しく溶け込んでいます。


f0046691_11542229.jpg右の写真は、先日、濱田さんの工房にうかがったときに、ポケットからヒョイと取り出して私にくださったお猪口。

私は毎晩、これでお酒をいただいています。

父・濱田庄司の絵付けを彷彿とさせる、清々しい模様がさりげなく見込みに。




f0046691_1233112.jpgジェム・アートでは、9月9日から10月22日まで、「濱田能生の仕事」と題したイベントで、これらの作品をご紹介します。

ぜひお立ち寄りください。
[PR]
by gem-art | 2006-09-03 12:20 | 濱田能生
<< 掛井五郎のジャングル・ブック! ブルーノ・ムナーリの “読めない本” >>