武井武雄と村山知義の“東京ノ地震ト火事”

f0046691_1557165.jpg関東大震災の翌月に婦人之友社から出版された、武井武雄と村山知義が共同で描いた珍しい絵本「東京ノ地震ト火事」。

震災直後でインクがなく、赤と紺の二色刷りですが、破壊された街の被害や復興を、二人の童画のパイオニアが丁寧な挿絵で伝えています。

武井武雄の造語「イルフ」(“古い”の逆さ言葉)が美術館の館名になっている、長野県岡谷市の「イルフ童画館」では、「村山知義の童画展」を計画中。

年末に開催予定です。
詳細がわかりましたら、またこのブログでもお知らせします。
[PR]
by gem-art | 2006-09-12 16:30 | 村山知義
<< 空からの訪問者 なくなったあかいようふく >>