クロエのバッグと掛井五郎さんのバッグ

f0046691_17234972.jpg


ジェム・アートでイベント開催中の掛井五郎さんと一緒に、日本初出店の「クロエ青山店」の前を通りました。

この「クロエ」というお店は、先日テレビの報道で知ったばかりで、それまでは、クロエというと、米国人気ドラマ「24時」の中で、テロ対策ユニットCТUで働く、いつもぶすっとしていて、対人コミュニケーションが不得手の女性・クロエしか頭に浮かびませんでした。

ウィンドウには、テレビでも報道されていた、青山店100個限定のバッグ「ゴールド パディン トン」(29万9250円で、すでに予約完売!)が飾られて、それを見た掛井さんは、一言。

「これもいいかもしれないけどね。ぼくが作ったバッグのほうがもっといいよ。」

イッセイ・ミヤケをさりげなく着こなし、ファッション誌『ハイファッション』に、「クールオールドメン」として紹介されている掛井さんが作ったバッグとは、どんなものか?

「見てもらって気に入ったら、ジェムアートへ置いてもらっていいよ。でも、実際使えるかどうかわからないけどね。」

多少の不安を感じつつ、制作されたバッグをみせていただくと、ベルリンで購入した商品の空き箱で作った、面白い作品。

早速、ジェムアートに置くと、即日売れてしまいました。

「へえー、買ってくれる人がいるんだねえ。うれしいねえ!」

と、掛井さん。
[PR]
by gem-art | 2006-01-19 17:36 | 掛井五郎
<< ズビネック・セカールの装丁本 現代美術の縁日屋台 ジェム・アート >>