竹尾 デスクダイアリー2006に、村山知義の“m”

f0046691_1495715.jpg

デスクダイアリーは、さまざまなものが出回っていますが、なかでも“美術作品”といってもいいのが、毎年制作される竹尾の「デスクダイアリー」。

2006年は、服部一成さんのデザインで、A to Z の書体が、さまざまなロゴ、見出しなどから採集して抜き出され、一ページに一文字ずつ、手書きでレタリングされています。

そのなかで、“m”の文字には、村山知義が1923年に表紙デザインした前衛美術雑誌『MAVO』から取り上げられています。

表紙は、“ヴァンヌーボー スノーホワイト”、本文は、“ルミネッセンス マキシマムホワイト”という白い紙の素材が使用されていて、ほんとに「美しい!」。

ちなみに、ギャラリーТОМのロゴは、村山知義のサインを使って、河野鷹思さんがデザインしたものです。
[PR]
by gem-art | 2006-01-28 14:11 | BOOK
<< 柚木沙弥郎さんと、吉田喜彦さん... タッシェン帝国から出版の、CH... >>