青山建築ウォッチング 銕仙会

f0046691_11451480.jpg

プラダの真向かいにある「銕仙会」。
月1回の能の定期公演、公開講座や能教室などを随時おこなっています。

この建物の着工当初、現在ブティックになっているスペースで、ギャラリーТОМがスタートする予定でした。

設計も、途中まで、内藤廣さん(松涛のギャラリーТОМの設計者)が、携わっていましたが、さまざまな事情で、他の建築家が担当されることになったようです。

なるほど、コンクリートの打ちっぱなしの建物で、趣きが、現在のギャラリーТОМに似ています。
[PR]
by gem-art | 2006-02-17 12:05 | 青山日和
<< 吉田喜彦 の愛らしい湯のみなど。 石塚英彦さんが、堀内正和展をレ... >>