柚木沙弥郎の“ネコの五人囃子”

f0046691_1553245.jpg

ジェム・アートの真向かいにある「根津美術館」では、現在、幕末から明治時代にかけての雛人形の展示をおこなっていて、連日多くの来館者でにぎわっているようです。

さて、こちら、ジェム・アートは、3月3日より、現代アーティストによる“ひなまつり”です。出品されるのは、染色家・柚木沙弥郎さんと陶芸家・吉田喜彦さん。

昨日、吉田さんの窯で焼かれた、柚木さん絵付けの雛人形が届いたとの連絡がありまして、さっそく柚木さんのご自宅へ拝見しにうかがいました。

f0046691_15401630.jpg待っていたのは、なんとも愛らしい、ネコの“五人囃子”。

そのほかにも、お伽の国からやってきたような、“お内裏さまとお雛さま”や、初々しい“桃太郎”などなど。

柚木さんにとっても、まったくはじめての試みですが、ここでも、しっかり柚木ワールドが展開されています。


それからしばらくして、こんどは、漆芸家の手塚俊明さんから、木彫の雛人形が届きました。これもまた、ほんとにステキです!
f0046691_1546939.jpg

f0046691_155267.jpg
柚木さんのデザインを、手塚さんが木を削り、漆を何度も塗って出来上がってきた作品。

もう、思わず手にとって、そのまま一緒に家へ連れていってしまいたくなる“お雛さま”。


f0046691_1605367.jpg

ぜひぜひ、お越しください。きっと、心なごむひとときをお過ごしいただけることと思います。

こちらも3月3日が待ち遠しいです。
[PR]
by gem-art | 2006-02-27 16:09 | 柚木沙弥郎
<< “ひなまつり”大盛況! han... 柚木沙弥郎と村山亜土の“夜の絵” >>