カテゴリ:堀内正和( 4 )

堀内正和、掛井五郎、マックス・アンリ・ドゥ・ラミナの版画

f0046691_17384789.jpg

ジェム・アートでは、現在、堀内正和、掛井五郎、マックス・アンリ・ドゥ・ラミナの版画作品を展示販売しています。

f0046691_13282267.jpg

                  堀内正和






f0046691_1548940.jpg

                  掛井五郎







f0046691_15541970.jpg

         マックス・アンリ・ドゥ・ラミナ
[PR]
by gem-art | 2006-06-30 21:19 | 堀内正和

作品から“小便小僧”!

f0046691_11545144.jpg

ギャラリーТОМで堀内正和のマケット作品をいじっていたら、中から“小便小僧”が出てきました!

片手をあげて、元気に用を足しています。

f0046691_1201735.jpgf0046691_1204455.jpg









これは、ピラミッド型の作品。四角錐なのに、切り口が五角形になっています。

f0046691_1255938.jpg

これは、メビウスの輪が、二本ねじれた作品。どちらが裏でどちらが表か。。。めまいが。。。

こんな不思議な“かたち”を自宅の書斎で、紙を切ったり貼ったりして、考えつづけた堀内正和さん。

彫刻家? 数学者? それとも、いたずら?

そんな堀内正和さんがデザインした形を、そのままシルクスクリーン・プリントして、Тシャツを作ってしまいました。限定70枚のТОМオリジナルТシャツです。
f0046691_12213756.jpg

[PR]
by gem-art | 2006-02-21 12:22 | 堀内正和

石塚英彦さんが、堀内正和展をレポート。

f0046691_1259198.jpg日テレの“メレンゲの気持ち”の撮影がありました。

石塚さんが、おおきな身体で、寒いのに汗を拭きながら、ギャラリーТОМを一生懸命レポートしてくれました。

3月4日土曜日に放映される模様です。
来館される方が、増えますように。。。
[PR]
by gem-art | 2006-02-15 13:14 | 堀内正和

堀内正和と村山知義

f0046691_1792520.jpg

独創的な幾何学形態を生み出した日本の抽象彫刻のパイオニア・堀内正和氏。

1990年に美術出版社から出版された堀内氏の著作“坐忘録”には、「僕にとって決定的な経典となったのは村山知義の『現在の芸術と未来の芸術』であった」、とあります。

1924年に刊行された「現在の芸術~」は、村山知義がベルリンから帰国後に書いたものをまとめたもので、いまでは古書店で、10万円近くの値がついているようです。

f0046691_1440157.jpgギャラリーТОМでは、堀内正和のペーパースカルプチュア展「アトリエのない彫刻家」を開催していますが、同時に、この“坐忘録”の復刊希望者を募っています。

300人の購入希望者が集まりましたら、美術出版社から復刊されます。

展覧会会場には、ほとんど毎日、堀内淳子夫人も来られていて、来館者一人ひとりに丁寧にお話をされています。

堀内夫人が、語られるのは、夫の正和さんが16歳のときに影響をうけた村山知義のことと、中国の“荘子”の話。

「堀内は、荘子の考えに強い感銘を受けたようで、表が裏になり、裏が表になり、生が死になり、死が生になる。堀内が創りだしたおかしな形も、荘子の思想からきているのです」

これだけのボリュームのマケット作品は、なかなか見られないのですが、お客さんの入りは、いまひとつ。

「お客さんが来られなくても、それはそれでいいんです。悪いことは、良いことなんですから」

でも、やっぱり、たくさんの方々に観ていただきたい。。。
[PR]
by gem-art | 2006-02-02 17:29 | 堀内正和