カテゴリ:ギャラリーTOM( 15 )

ギャラリーТОМとユトレヒトの“アーティストの本箱”

f0046691_1728557.jpg

ギャラリーТОМでは、5月13日から7月2日まで、「あの失われた紅海洋の時代-文化大革命時代のポスター展」を行います。

中国の文化大革命(1966‐76)に赤いポスターが中国全土に貼られていました。その光景はまさに紅い海のようでした。

本年は文化大革命から40周年になりますが、このプロパガンダポスターを政治的な視点ではなく、視覚デザイン、コミュニケーションなどとして考えます。

その展覧会を開催するための費用の一部を、ジェム・アートで開催する『ギャラリーТОМとユトレヒトの“アーティストの本箱”』と題したイベントの売り上げから、充てたいと思っています。

このイベントは、ギャラリーТОМに集うアーティストたちより、不要になった古書籍を寄贈していただき、それらを、若者たちに人気の本屋さん『ユトレヒト』の江口さんに、アレンジしてもらってジェムアートで展示販売する、というもの。

こちらの会期は、前半が、6月3日から6月25日、後半は、堀内正和やマックス・アンリ・ドラーミナの版画なども一緒に展示して、6月27日から7月17日まで。

彫刻家や小説家、建築家、文化人類学者など、さまざまな方々から、少しづつですが、本が届いております。

読者のみなさんのなかでも、処分を考えておられる本や雑誌がございましたら、ギャラリーТОМへご連絡の上、お送りいただけましたら、うれしく存じます。

ギャラリーТОМ
TEL:03-3467-8102
[PR]
by gem-art | 2006-04-01 18:24 | ギャラリーTOM

中川幸夫の“華”と、高田和子の“八雲琴”

f0046691_12353876.jpg

ジェム・アートでの“ひなまつり”に出品されている吉田喜彦さんの展覧会を、昨年ギャラリーТОМで開催しましたが、そのときの関連イベントとして、「月を見る会」をおこないました。

吉田さんの、多面体黒陶が、ТОМのメインギャラリーに配されたなか、高田和子さんと豊明日美さんによる、八雲琴と笙と三絃の美しく神秘的な演奏に、来場者全員が酔いしれました。

f0046691_12221882.jpg高田さんは、ТОМが開館して2年目(1986年)の堀内正和展のオープニングでも、見事な八雲琴の演奏を披露されましたが、当時の貴重な写真が、でてきました。

このときは、中川幸夫さんが生けられた華の前での演奏で、右の写真では、ちょっとわかりにくいですが、中川さんが、中央で満足そうに座られています。
[PR]
by gem-art | 2006-03-07 12:40 | ギャラリーTOM

鈴木恂 MAKOTO SUZUKI WORKS

f0046691_13352299.jpg

建築家・鈴木恂さんの講演会『空間をめぐって 建築の野生』に行ってきました。

鈴木恂さんは、ギャラリーТОМでの、盲学校生徒作品展「ТОМ賞」の選考委員や、視覚障害者のための展覧会へ作品の出品など、これまでいろいろご協力くださった方。

ギャラリーТОМの建築設計者として、当時は無名だった内藤廣さんを強く推薦してくださったのも、鈴木さんです。

小野梓記念館地下2階での講演の前に、1階でおこなわれていた『MAKOTO SUZUKI WORKS』を拝見すると、ТОМで1995年に開催した『手で見るイメージ 』に出品していただいた作品(曹洞宗の寺内につくられた仏舎利塔の模型)が展示されていました。(↑写真)
[PR]
by gem-art | 2006-02-12 14:27 | ギャラリーTOM

ジュリエット・グレコとイサム・ノグチの写真。

ギャラリーТОМで、資料を整理していたら、昔の写真がでてきました。

ひとつは、1984年のТОМの開館記念コンサートでのもの。盲学校の生徒さんたちが、ジュリエット・グレコを、拍手で迎えています。
f0046691_1153373.jpg

もうひとつは、1987年にТОМの主催でおこなった「手でみる美術・アメリカの旅」で、イサム・ノグチと握手する参加者の写真。こちらの心までなごませてくれるような笑顔です。
f0046691_11102990.jpg

[PR]
by gem-art | 2006-02-11 11:13 | ギャラリーTOM

現代美術の縁日屋台 ジェム・アート

f0046691_134701.jpg


プラダ、カルティエ、新規出店のクロエ・・・。きらめくブランドショップが立ち並ぶはずれで、縁日屋台のようなお店をはじめました。

彫刻家や陶芸家、染色家などの、さまざまな分野で現在活躍中のアーティストに、当店のために、生活に身近な小さいアート作品を制作していただいております。

ジェム・アート

ギャラリーTOMのミュージアム・ショップでもあります。

少し雑然としておりますが、、これからどんどん、見たことも聞いたこともない、楽しい作品を、ご紹介していきたいと思います。
[PR]
by gem-art | 2006-01-19 14:21 | ギャラリーTOM