カテゴリ:吉田喜彦( 2 )

吉田喜彦 の愛らしい湯のみなど。

f0046691_12512155.jpg

伝統的な技法に習い、簡潔ながらも独自の表現を追及しつづける、美濃の代表的な陶芸家・吉田喜彦さん。

ジェム・アートでは、3月3日より、柚木沙弥郎さんと吉田喜彦さんの“ひなまつり”を開催します。

今回、吉田さんは、これまでの寡黙で緊張感のある作風とは、まったく趣きを変えて、ご自身も純粋に楽しみながら制作された、愛らしい湯のみや猪口などを出品します。

眺めているだけで、思わず顔がほころび、手に取ってなじんでくると、心がほかほかしてきて、今風な言い方をすれば“萌え茶碗”。(←吉田ファンから怒られるかもしれませんね)

たくさんの方々に、直接手に取って楽しんでいただきたいと思います。
[PR]
by gem-art | 2006-02-19 13:27 | 吉田喜彦

柚木沙弥郎さんと、吉田喜彦さんの、“ひなまつり”

f0046691_14534433.jpgジェム・アートでは、次回イベントとして、3月3日より4月30日まで、“ひなまつり”と題したイベントをおこないます。

染色家・柚木沙弥郎さんと、陶芸家・吉田喜彦さんに、「ひな祭り」にちなんだ作品をお願いしました。

柚木さんは、漆芸家の手塚俊明さんの協力で、愛らしい“コンテンポラリー雛”を。


f0046691_14571150.jpg吉田さんは、華やかな絵付けの湯のみや猪口、菱餅を模した小皿などを、それぞれ制作中です。
[PR]
by gem-art | 2006-01-31 15:00 | 吉田喜彦